歴史

  •  

    ハイセンスはインバーターエアコン製品を発売しました。
    以来、中国のインバーター技術における主導的立場を維持しています。

  •  

    ハイセンスは知的財産権を自社保有する中国で最初のデジタルオーディオ/ビデオ処理チップ「Hiview」を発売しました。
    これにより、中国のテレビ産業は、ついに独自のチップを手に入れました。

  •  

    ハイセンスは初の商用FTTH(Fiber To The Home)モジュールを発売しました。
    そして2008年には10G PON光ファイバトランシーバモジュールを開発し、この分野における主導的地位を確立しました。

  •  

    ハイセンスは液晶モジュールの研究と製造を推進し、中国で最初の液晶モジュール製造ラインを構築しました。

  •  

    ハイセンスは独自のLEDバックライト式液晶テレビを発売しました。
    当時、この種のテレビを市場に導入したのは世界で3社しかなく、中国企業としては唯一の存在でした。

  •  

    ハイセンスは高度道路交通システムHICONを開発しました。
    自己適応信号と公共交通管理からなるHICONは、2008年の北京オリンピックで採用されました。

  •  

    ハイセンスは中国の携帯端末設計技術のリーダーであり、3G標準の携帯電話を手がけた最初の中国企業です。

  •  

    ハイセンスグループのI'TV2製品が、ラスベガスで開催されたコンシューマエレクトロニクスショー(CES)で、
    「Value Innovation Award」を受賞しました。