J-MOSS(JIS C 0950)への対応について

J-MOSS(JIS C 0950)への対応について

経済産業省は、資源有効利用促進法を見直し、2006年7月より指定7品目にJ-MOSS(JIS C 0950) に基づく表示を行なうことを法制化しました。
J-MOSSで含有表示を規定される化学物質は、鉛 (Pb) 、水銀 (Hg) 、カドミウム (Cd) 、六価クロム (Cr (VI)) 、PBB、PBDEの6物質です。

J-MOSSグリーンマーク:特定化学物質の含有率が基準値以下であることを示すマークです。
含有(R)マーク:特定化学物質の含有率が基準値を超えることを示すマークです。

対象製品:液晶テレビ

j-moss J-MOSSグリーンマーク

テレビ受信機:該当機種名

  • LHD19K15JP, LTDN24K15JP, LTDN26K15JP, LHD32K15JP, HL-19J1D, HL-19RJ1, HL-24RJ1,LHD19K16RJP, LHD19K15JPD, LHD32K15JPD, LTDN50K310RJP, LTDN39K310RJP, LHD32K310RJP, LHD26K310RJP, LHD24K310RJP, HS24K300, HS29K300, HS32K160, HS39K160, HS32K360, HS39K360, HS50K360, HS50K610
  • HS55K20, HS50K220, HS48K220, HS39K220, HS32K220, HS23A220
  • HS55K220, HS50K220, HS40K225, HS32K225, HS24A220
大枠分類
英文表記
化学物質記号
Pb Hg Cd Cr
(VI)
PBB PBDE
実装基板
筐体
ディスプレイ
パネル
除外
項目
スピーカー
付属品
(リモコン)
注記1:“○”は、算出対象物質の含有率が含有基準値以下を示します。
注記2:“除外項目”は、算出対象物質がJ-Mossの除外項目に該当していること(Gマーク対象)を示します。
注記3:化学物質記号凡例:Pb(鉛)、Hg(水銀)、Cd(カドミウム)、Cr(VI)(六価クロム)、PBB(ポリプロモビフェニル)、PBDE(ポリプロモジフェニルエーテル)

電気冷蔵庫・電気冷凍庫:該当機種名

  • HR-A42JW, HR-B82JW, HR-B106JW , HR-D1301, HR-D1501, HF-100JW, HF-145JW, HF-205JW, HR-C80JW, HR-B2301
大枠分類
英文表記
化学物質記号
Pb Hg Cd Cr
(VI)
PBB PBDE
外部構成品
内部構造品
冷却部品
電気・電子部品 除外
項目
断熱材
冷媒
注記1:“○”は、算出対象物質の含有率が含有基準値以下を示します。
注記2:“除外項目”は、算出対象物質がJ-Mossの除外項目に該当していること(Gマーク対象)を示します。
注記3:化学物質記号凡例:Pb(鉛)、Hg(水銀)、Cd(カドミウム)、Cr(VI)(六価クロム)、PBB(ポリプロモビフェニル)、PBDE(ポリプロモジフェニルエーテル)
J-MOSSとは?

日本工業規格(JIS)C 0950「電気・電子機器の特定の化学物質の含有表示方法」(the marking of presence of the specific chemical substances for electrical and electronic equipment)の通称。

「資源有効利用促進法(リサイクル法)」で指定する7品目(パーソナルコンピュータ、ユニット形エアコンディショナ、テレビ受像機、電子レンジ、衣類乾燥機、電気冷蔵庫及び電気洗濯機)を対象に、製品に含まれる6種類の特定有害物質の含有に関する情報をJ-Mossに基づく方法によって提供することが義務付けられています。
2006年7月1日以降に生産される製品が対象です。

(社)電子情報技術産業協会(JEITA) 環境・安全部 J-Mossについてのご案内
資源有効利用促進法について
経済産業省 3R(スリーアール)政策 製品含有物質に関する情報提供措置について

© 2016 HISENSE,INC. ALL RIGHTS RESERVED.

日本