2022-01-26

ハイセンスジャパンは、コロナ禍で運営が困難となっている 全国の「こども食堂」を支援するため「応援プロジェクト」を始動

 

 

 

 

20221月26日

ハイセンスジャパン株式会社

 

ハイセンスジャパンは、コロナ禍で運営が困難となっている

全国の「こども食堂」を支援するため「応援プロジェクト」を始動

 

総合家電メーカー、ハイセンスジャパン株式会社(所在地:神奈川県川崎市、代表取締役社長:李 文麗)は、昨年夏より、中四国地区・九州地区で試験展開したこども食堂への支援を、このたび全国展開することとし「全国こども食堂応援プロジェクト」として始動いたします。1月に関西地区で始動し7月の北海道東北での実施までで、昨年の試験展開と併せ、全国展開を完了させます。

全国のこども食堂を支援する認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ(以下、むすびえ)の調査によると、202112月時点では、こども食堂は全国で6,000か所を超える数が確認されています。コロナ禍中での調査で9割は「コロナ禍で運営が困難になった」と回答されています。さらにハイセンスジャパンでは、むすびえにヒアリングし、こども食堂の課題の一つとして「冷蔵庫の容量」があることが分かりました。冷蔵庫を買い足す経済的余裕がなく、食材を多く保存したくても現有の冷蔵庫だけでしか運用できない。「もう一台冷蔵庫があれば食材を多く確保でき、ひとりでも多くのこども達へ食料支援できる」。その課題に弊社として向き合うことから、このプロジェクトの企画がスタートしました。

 

こども食堂 より多くの食料保管ができます。 こどものために 

 

 

地域で尽力される「こども食堂」へ、ハイセンスの冷蔵庫を数百台※寄贈

むすびえと協働で、こども食堂へハイセンスの冷蔵庫などを寄贈する「全国こども食堂応援プロジェクト」。これは、むすびえのネットワークから地区ごとに冷蔵庫寄贈の希望を募り、ハイセンスより製品を寄贈するプロジェクトです。

2022年は、1月に関西地区、3月に中部北陸地区、5月に関東地区、7月に北海道東北地区での展開を予定しています。募集告知は、むすびえにて実施して頂きます。年間では、数百台※の寄贈を目標としています(※こども食堂からの応募状況ならびに弊社の生産準備状況による)。

 

■ハイセンスのSDGs活動はこちら:https://www.hisense.co.jp/csr_sdgs/

 

中四国・九州地区のこども食堂からの感謝の声

試験展開をした中四国、九州地区のこども食堂では、このプロジェクトに力を得て「地域での活動にさらに尽力をする」というお声を多数頂いています。一部をご紹介致します。

 

⚫️広島県・三次いしだたみ子ども食堂様よりお写真・コメントのご提供

「この度は、当方子ども食堂に貴社の冷凍冷蔵庫をご寄贈いただきありがとうございます。スタッフは大変喜んでおり、これで忙しい当日の朝に買い出しに行く事も、前日に準備した買い物を忘れて取りに帰ることもなくなります。開催日に早速会場に設置した冷蔵庫の冷凍室に、地元の企業様から提供いただいたお土産の<釜揚げしらす>をセットし皆さんを待ちました。これからも、子ども食堂の活動でいろいろと活用をさせていただきます」

 

 

⚫️徳島県・クレエール子ども食堂様よりコメントのご提供

「このたびは、わたくしどもクレエール子ども食堂に冷蔵庫の寄付をいただけるお知らせをいただき、さきほど今日の子ども食堂の昼食準備をしているスタッフと共に大喜びしました。本当にありがとうございます。子どもレストランに設置させていただき、材料を保管し、子ども達と調理して、いっしょに温かいご飯を食べて生きる力を育んでいきます。子どもレストランは、子どもが自分たちの食事を作るだけでなく、地域の大人に買ってもらう、新しい試みとなります。」

※この活動はメディアでも紹介されました:https://www.kyodo.co.jp/life/2021-12-14_3655143/

 

⚫️熊本県・水俣すまいる食堂様よりコメントのご提供

「ハイセンスジャパン様がこのような企画を始めて頂けることに、大変、驚くとともに感激しております。私たちは、6年前からこども地域食堂をしております。各家庭の諸事情や問題に寄り添う姿勢で取り組み、地域の皆様へのフードバンクや生活困窮者支援をしてきました。このコロナにより、どんどん利用が増えて食材の保管に困っていた所、このような企画でスタッフ全員で喜んでいます。」

   ※「こども」「子ども」の表記については、食堂名に準じて表記しています。

 

NPO法人むすびえについて>

NPO法人むすびえは、「こども食堂が全国のどこにでもあり、みんなが安心して行ける場所となるよう環境を整えたい。こども食堂を通じて、多くの人たちが未来をつくる社会活動に参加できるようにしたい」をミッションに、誰もとりこぼされない社会を日本でつくりたいという思いを持って活動をされています。

具体的には、各地域のこども食堂ネットワークを支援すること、何か社会に貢献したいと考えている企業・団体とつながりこども食堂へ支援を届けること、調査・研究をし、啓発をしていくこと。これら3つの軸で活動を推進。こども食堂につどう子どもやご両親、地域の高齢者や企業・団体等がつながり、「にぎわいを創りたい。そこからこぼれる子をなくしたい」という想いを実現するために活動されています。

https://musubie.org/

ニュース一覧へ