2020-10-14

ハイセンスジャパン、 シーンに合わせ臨場感あふれる高音質な空間を実現する シアターサウンドシステム「HS214」を10月下旬に発売

総合家電メーカー、ハイセンスジャパン株式会社(所在地:神奈川県川崎市、代表取締役社長:李 文麗)は、シンプルながらテレビを楽しむための多彩なバーチャルサラウンドを搭載したシアターサウンドシステム「HS214」を、202010月下旬に発売します。これ一本で、テレビの前を臨場感あふれる空間に変えることが可能です。

 

シアターサウンドシステム HS214

 

 

シアターサウンドシステム HS214 ハイセンス

 

 

 

 

 

■商品概要

商品名     :シアターサウンドシステム

型番      :HS214

本体希望小売価格:オープン価格

市場予想価格  :15,000円前後(税込)

発売予定日   :202010月下旬

 

■商品特長

1. 独自のバーチャル 5.1chサラウンド

独自のバーチャルサラウンド技術3つを搭載。それぞれのモードに合わせた最適なサラウンド補正により、臨場感あふれる高音質な空間を実現します。

 

(1)Movieモード[アウトスクリーンサラウンド]

最大限に音場を拡張し、75v型のような大型画面でも、映画館のように音に包まれるような臨場感あふれる空間を再現します。また、音像位置を持ち上げ、まるでその場にいるような「映像と音声が一体となった自然な音」を体感できます。

 

(2)Musicモード[ピュアサラウンド]

これまで音楽を聴く時は、音色や音質が変わるため複雑なサラウンドアルゴリズムは避けられてきました。「ピュアサラウンド」は、音像定位のキューとなる両耳間の音量差をコントロールするシンプルなアルゴリズムを採用。製作者の意図を的確に表現しつつ、高音域を意識した粒立ちの良い表情豊かな音楽空間を作り出します。

 

(3)Newsモード[クリアサラウンド]

適切に音場や音像位置を補正し、さらに人の声の音域でもある中音域を強調します。ニュース番組はもちろん、お笑いなどのバラエティ番組でも明瞭度の高い音声を再現。クリアで聞こえやすくも自然なサラウンドを演出します。

 

2. サブウーファー内蔵

業界トップクラス()の大きさを誇る78mm口径サブウーファーを内蔵。部屋に新たなスペースを確保する必要なく迫力ある重低音を楽しめます。重低音は-5+511段階でお好みに合わせて細かく調整できます。

20209月現在、自社調べ。ウーファー内蔵モデル対象。

 

3. ケーブル1本で簡単接続

HDMI ARC1本だけで簡単に接続でき、テレビリモコンでサウンドバーの音量調節も可能です。Bluetooth(R)や光デジタル、AUX、同軸デジタルなど多様な音声入力にも対応しています。

 

4. Bluetooth(R)対応

ワイヤレスでスマートフォンやタブレット、パソコンなど様々なデバイスのサウンドを出力できます。

 

5. テレビの操作を妨げないIRリピーター

リモコン信号を受信してそのまま背面に送信します。テレビの前に配置しても、テレビの操作を快適に保ちます。

 

 

 

 

 

型番   HS214

スピーカー構成  

2.1ch(ウーファー内蔵)


ユニットサイズ  

Full range44mm×100mm×2    Woofer78mm×1


実用最大出力合計値(JEITA)

 

108W(フロント27W×2 + サブウーファー54W)


消費電力

  20W

待機電力   0.5W

再生フォーマット HDMI ARC Dolby Digital/LPCM 2ch

サウンド機能 サウンドモード

Movie/Music/News

  BASS調節 対応(11段階)

  HDMI端子数/出力端子数 0/1 (ARC)
 

Bluetooth対応コーデック

SBC
入出力 光デジタル 1(角型コネクター)
  USB 1
  同軸デジタル 1

寸法(幅×高さ×奥行)  (mm)   650×61.5×95

重量(kg)   2.1

付属品  

リモコン/4形乾電池×2/AC(電源)ケーブル/取扱説明書/HDMIケーブル

 

 

 

 

 

【お問い合わせ先】

ハイセンスジャパン株式会社 営業統括部 マーケティンググループ

担当者: 八児(やちご)

TEL   044-578-0670

FAX   044-578-0669

E-mail s-mark@hisense.co.jp

ニュース一覧へ