2020-10-21

ハイセンスジャパン、繊細かつ鮮烈な映像美を楽しめる BS/CS 4Kチューナー内蔵有機ELテレビ「55X8F」を11月上旬に発売

総合家電メーカー、ハイセンスジャパン株式会社(所在地:神奈川県川崎市、代表取締役社長:李 文麗)は、この度BS/CS 4Kチューナー内蔵有機ELテレビ「55X8F」を11月上旬に発売します。

 

 

 

4Kチューナー内蔵有機ELテレビ「55X8F

 

 

 

 

 

 

 

 

■商品概要

BS/CS 4Kチューナー内蔵有機ELテレビ「55X8F」>

商品名     :BS/CS 4Kチューナー内蔵有機ELテレビ

サイズ     :55v

本体希望小売価格:オープン価格

市場予想価格  :200,000円前後(税込)

発売予定日   :202011月上旬

 

■商品特徴

1. NEOエンジンplus 2020

東芝映像ソリューションとの共同開発で生まれたAIテクノロジー搭載の「NEOエンジンplus 2020」。繊細かつ鮮烈な映像美をお楽しみいただけます。

 

(1) AIネット映像高画質処理

ネット配信の映像やVODコンテンツを、配信サービスごとに異なる圧縮方式、解像度、フレームレートに合わせて最適なパラメータで高画質化。映像処理経験値をもとに、各設定に合わせて色温度、色濃度、超解像処理、輝度、ダイナミックガンマ補正、フレーム補間を行います。低フレームレートコンテンツからハイクオリティコンテンツまで、高いコントラストと自然な色彩で、表現豊かに再現します。

 

(2)AIシーン別超解像処理

5層のニューラルネットワークを深層学習し、通常の映像とぎらつきが目立つ映像を自動判別。シーンごとに適した超解像処理を実施し、ノイズの少ないきめ細やかな高画質を実現します。

 

(3)AIモーション別超解像処理

AIが映像の動きの“速さ”を自動判別。動きの少ないシーン、動きの激しいシーン、それぞれに適切なフレームを参照してノイズリダクションを実施。動きによって適切な超解像処理を行い、ノイズを抑えたクリアな映像を再現します。

 

(4)3段階超解像処理

3段階の超解像処理により、地デジを4K画質にアップコンバートします。気になるノイズの少ない、自然で高精細な映像を楽しめます。

 

2. 高コントラスト

有機ELディスプレイは、黒さと明るさを高いコントラストで豊かに再現。肉眼で眺めているようなリアルで感動的な映像として描写します。

 

3. 冷却インナープレート

高輝度でコントラスト感を高めることが可能な自社開発専用設計の冷却インナープレートを採用。ガンマ特性の補正に加えて輝度特性の独自チューニングも行うことで、より高いコントラスト感を実現しています。

 

4. 倍速パネル&フレーム補間

映像を分析し、前後フレームから新たなフレームを作成して補間することで、残像感の少ないクリアな映像を楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

型番 55X8F

サイズ

55v型


本体希望小売価格

オープン価格


市場予想価格

200,000円前後(税込)


発売時期

202011月上旬

画素数(水平 x 垂直) 3840×2160

本体寸法(cm)
スタンド含む(幅×高さ×奥行)
122.6×77.4×24.1

本体寸法(cm)
スタンド含まない(幅×高さ×奥行)

122.6×71.2×6.8


本体質量(kg)
スタンド含む
18.8

本体質量(kg)
スタンド含まない
18

 

 

 

 

 

【お問い合わせ先】

ハイセンスジャパン株式会社 営業統括部 マーケティンググループ

担当者: 八児(やちご)

TEL   044-578-0670

FAX   044-578-0669

E-mail s-mark@hisense.co.jp

ニュース一覧へ