ゲーム機能

すばやい反応で、格闘ゲームやFPSが
快適に楽しめる。

4K 120P入力で
遅延時間 約0.83ms※を実現!

インターフェースにHDMI2.1を採用。4K 120P入力の最新ゲーム機でも約0.83msの低遅延を実現する「ゲームモードPro」に対応 。ボタンを押してから表示されるまでの遅延が少なく特にアクションゲームやFPS、格闘ゲームなど早い動きのゲームに最適です。 ※1080p/120Hz入力時の映像遅延時間。1080p/60Hz 12bit、1440p/60Hz、4K/60Hz 12bit入力時の映像遅延時間は約9.2msec。(パネルによる遅延を除く)HDMI入力端子1~4のうち4K120Hz入力はHDMI入力端子1、2のみ対応。

最新ゲーム機も快適に
プレイできる。

HDMI2.1 VRR/ALLM対応

HDMI2.1規格の4K 120P入力に対応。ちらつきやカクツキが抑えられて、ストレスフリーにゲームを楽しめます。また、ゲーム機からの情報と連動して低遅延モードと高画質モードを自動で切り換えます。 ※外部機器から4Kの映像信号を入力する場合は、プレミアムハイスピードHDMI🄬ケーブルやウルトラハイスピードHDMI🄬ケーブルなどをご利用ください。

VRR(可変リフレッシュレート)技術によりリフレッシュレートとフレームレートとのコマ落ちや入力遅延により発生する映像のちらつきやカクツキを軽減し、描画ずれのない滑らかな映像でゲームが楽しめます。
VRR信号の入力設定について
ゲーム機から出力されるVRR信号を受信できるように設定します。出力信号については、ゲーム機側の設定が必要です。
※「自動ゲーム機器設定」が「オート」に設定されているときは、設定できません。
※この設定は、外部入力としてHDMI1またはHDMI2を選んでいる場合に設定できます。

ALLM設定
選択している入力機器からの情報に連動して、自動的に「遅延モード」の設定に切り替えます。
※「ALLM設定」は、HDMI入力毎に設定が必要です。
※各機能の利用には、インターネット接続が必要な場合があります。
※4Kの画素数は3,840×2,160です。
※本リリースの内容は、発表時点のものです。予告なしに変更される場合があります。

カクツキを抑えて
なめらかに映し出す。

AMD FreeSync Premium™対応

コンテンツのフレームレート(fps)とテレビのリフレッシュレート(Hz)を同期させて、カクツキやティアリングを低減。なめらかな映像で快適にゲームを楽しめます。 AMD FreeSync™ Premium信号の入力設定について
ゲーム機から出力されるAMD FreeSync™ Premium信号を受信できるように設定します。出力信号については、ゲーム機側の設定が必要です。
※「自動ゲーム機器設定」が「オート」に設定されているときは、設定できません。
※この設定は、外部入力としてHDMI1またはHDMI2を選んでいる場合に設定できます。
• AMD及びFreeSyncロゴはAdvanced Micro Devices,Inc.の商標です。